輸入小麦とグリホサートの問題についての最新情報

小麦 時事ネタ

グリホサートの使用とその影響

グリホサートは、世界で最も広く使用されている除草剤であり、多くの農作物、特に小麦に使用されています。この化学物質は発がん性のリスクがあるとされ、多くの研究者や環境団体がその使用に対して警鐘を鳴らしています。最近の研究によると、グリホサートの使用中止は、雑草の増加や作物の収量減少を引き起こす一方、環境へのリスクを減少させる可能性があることが示されています。英国のロザムステッド研究所の研究では、グリホサートの使用中止が環境に与える影響についてモデルを使ったシミュレーションが行われました。

Roundup Lawsuit: 2024 Updates, Cancer Lawsuits & Settlements
Latest Roundup cancer lawsuit updates include a .25 billion verdict, ongoing settlements and consumer protection issues.
Monsanto Roundup Lawsuit Update
In this post, our Roundup lawyers will give you: an update on where things stand in the Roundup class action lawsuit in December 2023 (including updates from th...

メキシコの政策と米国の反応

メキシコは、グリホサートと遺伝子組み換え作物(GMO)の使用を段階的に廃止する計画を発表し、輸入量を大幅に削減しました。この動きは、米国との貿易摩擦を引き起こし、米国農業団体からの強い反発を受けています。米国政府は、メキシコの政策がUSMCA(米国-メキシコ-カナダ協定)に違反していると主張し、技術協議を開始しました。メキシコの政策は、科学的証拠に基づいているとされ、グリホサートの残留物が人々の健康に与えるリスクに対する懸念が示されています。

Mexico revises plan to phase out glyphosate, biotech corn
As trade dispute heats up, Mexico further slashes glyphosate imports
By Carey Gillam Amid a high-stakes stand-off with US trade officials over favored American agricultural products, Mexico is slashing the amount of glyphosate a...

日本の状況

日本におけるグリホサートの使用

日本でもグリホサートは広く使用されていますが、食品中の残留基準が厳しく設定されており、厚生労働省による監視が行われています。日本の農林水産省は、グリホサートの使用について科学的な評価を行い、その結果に基づいて規制を強化しています。また、消費者庁は食品の安全性を確保するために、食品中の農薬残留基準を厳格に設定し、監視を行っています。

消費者の反応と代替手段

日本では、グリホサートの安全性に対する懸念から、消費者団体や環境団体がその使用を見直すよう政府に働きかけています。特に、小麦製品や輸入食品に対する検査が強化され、グリホサートの残留検査が行われています。さらに、有機農業や低農薬農業を推進する動きが強まり、グリホサートを使用しない農業への転換が求められています。

政府の対応と今後の課題

日本政府は、消費者の安全を最優先に考え、食品中の農薬残留基準を厳しく設定しています。最近では、食品中のグリホサート残留検査を強化し、基準を超える場合には回収や販売停止措置を取るなどの対応が行われています。また、グリホサートの代替手段として、機械的除草やバイオ除草剤の使用が研究されており、有機農業の普及を促進するための政策も進められています。

U.S. International Trade in Goods and Services, February 2024 | U.S. Bureau of Economic Analysis (BEA)
The U.S. Census Bureau and the U.S. Bureau of Economic Analysis announced today that the goods and services deficit was .9 billion in February, up .3 billi...
Tough border testing for New Zealand honey imports to Japan is re-igniting the conversation about the use of the weed killer glypohsate in New Zealand.
Tough border testing for New Zealand honey imports to Japan is re-igniting the conversation about the use of the weed killer glypohsate in New Zealand.

グリホサートに関する訴訟

訴訟の現状と被害

バイエル(モンサント)は、グリホサートを含む除草剤ラウンドアップが原因で非ホジキンリンパ腫を発症したとする多数の訴訟に直面しています。2020年には、バイエルは約100,000件の訴訟を対象に109億ドルの和解金を支払うことに合意しましたが、現在も多くの訴訟が続いています。2024年1月には、フィラデルフィアの陪審がペンシルベニア州の男性に対して22.5億ドルの賠償金を命じました。この男性は、20年間にわたりラウンドアップを使用した後に非ホジキンリンパ腫を発症したと主張しています。

Roundup Settlement: 2024 Roundup Weed Killer Settlement Updates
Bayer settled more than 100,000 Roundup lawsuits for nearly billion amid cancer risk claims, but thousands of lawsuits remain unresolved.

グリホサートの輸出拡大と日本の対応

最近、グリホサートに関する訴訟が多発しているため、米国などでの市場が縮小しつつあります。その結果、グリホサートの輸出が規制の緩い市場、特に日本に向けて拡大しているという話があります。日本は、食品中の農薬残留基準を厳格に設定しているものの、グリホサートに関する消費者の懸念が依然として高まっています。

U.S. International Trade in Goods and Services, February 2024 | U.S. Bureau of Economic Analysis (BEA)
The U.S. Census Bureau and the U.S. Bureau of Economic Analysis announced today that the goods and services deficit was .9 billion in February, up .3 billi...
Tough border testing for New Zealand honey imports to Japan is re-igniting the conversation about the use of the weed killer glypohsate in New Zealand.
Tough border testing for New Zealand honey imports to Japan is re-igniting the conversation about the use of the weed killer glypohsate in New Zealand.

日本の消費者団体や環境団体は、グリホサートの使用見直しを政府に働きかけており、特に輸入食品の検査が強化されています。しかし、これらの動きにもかかわらず、グリホサートを含む製品の輸出が増加していることは事実です。これは、他の市場での規制が厳しくなる中で、相対的に規制の緩い日本市場にシフトしているためです。

The politics of glyphosate regulation: lessons from Sri Lanka’s short-lived ban - Globalization and Health
Background Glyphosate is the world’s most used herbicide and a central component of modern industrial agriculture. It has also been linked to a variety of negat...

感想

グリホサートと輸入小麦に関する問題は、単なる農業の問題にとどまらず、健康、環境、経済、そして国際関係に深く関わる複雑な問題です。特に高齢者や健康に敏感な消費者にとっては、食品中の化学物質残留のリスクについての情報が重要です。日本でも、消費者の安全を確保するために、食品中の農薬残留基準が厳しく設定されており、検査が行われています。しかし、グリホサートの使用に対する懸念は依然として強く、有機農業や低農薬農業の推進が求められています。

私たち消費者としては、安全で持続可能な農業を支持する一方で、農業者の負担を理解し、双方にとって最善の解決策を見つけるための対話が必要です。この問題についての理解を深め、より良い未来のために行動することが求められています。

小麦と砂糖を絶つことによる健康効果
小麦と砂糖を避けることで健康が改善される理由を詳しく解説します。セリアック病やグルテン過敏症、糖尿病リスクの低減、体重管理の改善方法など、具体的なメリットを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました